渋谷の歯医者さんで生活習慣も含めた虫歯予防指導

渋谷には予防重視の歯医者さんがあります。予防重視の考え方は既に欧米では主流ですが、日本でも治療をしなくてすむように歯科医院に定期的に通うという人が増えてきています。


渋谷の予防重視の歯医者さんでは、虫歯になってしまうメカニズムをわかりやすく説明した上で患者さんごとに適した予防のためのプランを提案しています。

渋谷の歯医者の情報ならこちらを参考にしてください。

虫歯は、口の中にいる原因菌が出す酸によって歯の表面が溶けて起こる病気です。



原因菌はいつも口の中にいて糖分が好物なので、食べ物が入ってくると酸を出します。
よって食事の度に歯の表面では脱灰といって溶け出す現象が起きています。

しかし食後には唾液が作用して、口の中の酸性度を抑えて溶け出したミネラルを歯の表面に補充して修復します。この唾液の作用を再石灰化といいます。

虫歯は、脱灰と再石灰化のバランスが崩れて脱灰が優勢となると進行してしまいます。
そこで渋谷の予防重視の歯医者さんでは、再石灰化がスムースに行われる環境づくりをポイントにした虫歯予防指導をしています。


口の中に食べ物がある間は脱灰が起こるので、1日のうち食事をする時間帯や回数はとても重要です。
渋谷の予防重視の歯医者さんでは、生活習慣をチェックして食べ物が口の中に入っていることが多い、いわゆるだらだら食いの方では食べる時間をしっかり決めて再石灰化のための時間を確保するようにアドバイスをしています。



食事をした後の食べかすにも糖分が含まれるので、食後は丁寧に歯磨きをして細菌のえさとなるものを取り除いておくことも必要です。


渋谷の予防重視の歯医者さんでは、その方の歯並びや歯の形に合った歯磨き方法を指導しています。

物を食べたら歯磨きをして、次の飲食まで時間をあけて再石灰化を促すことが大切です。